炭水化物を控えるダイエットなら・・・白米と玄米の違い

白米よりも玄米が体にいい、ということはよく聞きましたが、なぜ体によいのか、というところまでは知らなかったし、あまり興味もありませんでした。

玄米はお米からもみ殻をとったもので、胚芽やぬかには食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

白米は玄米を精製機にかけたもので、玄米よりも消化はよくなるようですが、玄米に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養がなくなってしまうのです。

炭水化物を控えるダイエットを実践している芸人さんが、大好きなご飯を少なくしているけれど、どうしてもご飯が食べたい時は、白米ではなく玄米にしているということから、私も玄米にとても興味を持ってきました。

とにかく栄養価が高く美容と健康にいいというのです。

炭水化物を摂らないダイエットをしなくても、白米を玄米に変えるだけでもダイエット効果があるようですね。

玄米には、白米のおよそ6倍もの食物繊維が含まれているのだそうです。

便秘解消はもちろんのこと、腸内をきれいにしてくれ、老廃物を排出してくれるデトックス効果もバッチリですね。

また、玄米には若返りのビタミンとも言われているビタミンEやカルシウム、亜鉛、鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。

これらは抗酸化作用があり、アンチエイジング効果も期待できます。

また、白米に比べると玄米は血糖値の上昇が穏やかで、まさにダイエットに最適だということです。

白米よりも消化が悪く、胃腸への負担が大きいということですが、その分しっかりと噛む回数を増やせば、満腹中枢にも刺激がいき、少しの量でも満腹感を得られるのだと思います。

Comments are closed.